マザー3をやりました

今更な感じですが、Wii UのVCで出てたマザー3を最後までやりました。
マザー、マザー2は発売して割とすぐにプレイしたのですが、
マザー3だけは評価が賛否両論あり、好きなシリーズだけにプレイするのをためらってました。

やってみた感想としては、面白かったですし、感動もしました。
細かいキャラのセリフが作りこまれてましたし、2章、3章のように1つの出来事を別々のキャラの視点で追っていくのは新鮮に思いました。
また、音楽もとても良かったです。
これまでとは別の方が担当されたようですが、マザーの雰囲気を踏襲しつつ、名曲だと感じるものがたくさんありました。

残念だと感じたところは、12章のものを8章に縮めた影響からか、7つの針とドラゴンの話が急に出てきたり、
ノーウェア島にまつわる歴史をリダが全てテキストで説明したりと、多少ストーリーに無理が感じられたことと、
エンディングも全てテキストで完結してしまっていたことです。
さらにそのエンディングも、最終的にどうなったのか具体的には描かれてなく、
エンディングに入る前のクライマックスで、リュカとクラウスの戦闘のシーンがものすごく感動的だっただけに、きちんと締めて欲しかったと感じました。

マザーについては続編は今のところ予定がないそうですが、
これで終わってしまうのは少し寂しいかなという気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です