ヒカルの碁の影響で囲碁部を作って全国大会に行った話 その3

F君と出会い、囲碁部を作ることになった。
ただし、高専の決まりとして最初は部ではなく同好会を設立し、その活動実績によって部に昇格するというものがあった。
(当時の話なので現在は不明。)
そのため同好会を申請することにした。

代表を誰にするかという話で、流れとしてはF君が妥当だと思われたのだが、彼はテニス部にも入部していて忙しいとのことなので、僕が務めることになった。
(僕も吹奏楽部に入ってはいたが、当時はサボり気味だった。)

創設時のメンバーは僕、F君、F君を紹介してくれたI君と、他にもF君の友達の寮生が4人で、合計7人。
顧問は囲碁が打てるT教員とD教員(それぞれアマ3段、初段ぐらい)をF君が探してきてくれた。
夏頃に申請は無事に承認され、囲碁同好会がスタートした。
部室など当然ないので、茶道部が使っていた図書館の12畳ほどの和室の半分を使わせてもらうことになった。
F君以外は僕も含めてほとんど初心者の集まりだったため、活動内容は主にF君の指導後になる。
F君のテニス部がない週2日、みんなで集まり、それ以外は各自ネット碁や書籍などで勉強することにした。

僕のいた千葉県では、春、秋の年に2回大会があった。
大会は個人戦、3人1組で戦う団体戦の2種類があり、両方参加が可能。
当時は個人で強い人はちらほらいたが、1つの高校に2人以上揃っているケースは少なく、団体戦であれば十分全国を狙っていける状況だった。
(大将、副将、三将の3人1組で、2人勝った高校が勝ちとされる。)

高専ではあるが、高校に混じって参加しても問題なかったので、まずは秋の大会に向けて囲碁同好会はスタートを切った。

その4につづく

ヒカルの碁の影響で囲碁部を作って全国大会に行った話 その2

ある日同じクラスのI君が、「寮に同級生で囲碁が打てる人がいるよ。」と教えてくれた。

高専は5つの学科に分かれていて、僕は情報工学科だった。

さらに高専には寮があり、僕は通いだったが、同じクラスのI君は寮生だった。

通いの学生だと他の学科との絡みは部活ぐらいしかないのだが、寮生は割と他の学科との交流が盛んであった。

I君も他の学科の学生と友達になっていて、囲碁が打てるF君を紹介してくれた。

F君は後々プロになるような猛者が集まる全国少年少女囲碁大会に出場経験があり、さらに院生にも勝ったことがある実力者だという。

また、彼は囲碁部を立ち上げて大会に出ることを計画していると教えてくれた。

一緒に囲碁部を作らないか、という誘いにもちろんOKした。

入学直後に頓挫した囲碁部に入るという目標が、再び息を吹き返したのである。

その3につづく

ヒカルの碁の影響で囲碁部を作って全国大会に行った話 その1

今から18年前の春、僕は木更津高専に入学した。

(高専とは5年制の高校と専門学校があわさったような学校。)

当時はヒカルの碁が連載中で、その影響を受けて入学前から囲碁部に入ろうと決めていた。

入学式当日に配布されたシラバスに書いてある部活一覧を見ると、棋道部というのがあり、これが囲碁部だろうと思った。

ところが、数日後の新入生歓迎会で行われた部活紹介で、棋道部は出てこなかった。

シラバス以外に何も情報が無かったので、顧問のN村教員を訪ねてみることにした。

話を聞いていくと、確かに部活は存在しているものの、ちょうど僕の入学前に部員が全て卒業してしまったらしい。

囲碁部に入ることはその時点で頓挫してしまったのだが、先生は囲碁が打てるとのことだったので、とりあえず放課後の空き時間に教員室で打ってもらうことになった。

(高専の常勤の教員は部屋が割り当てられている。)

当時僕は囲碁を始めて3ヶ月で5級ぐらいで、教員は初段ぐらいだったので、対局は5子局でお願いしていたと思う。

僕の想定していた形とは違ったが、とりあえず学校で囲碁が打てればいいか、と1ヶ月ぐらい教員室で対局してもらう日々が続いた。

そんな状況に変化をもらたしたのが、僕が囲碁をやっていることを聞きつけた同じクラスのI君だった。

その2につづく

無理に行くんだよ 学校なんてもんは の元ネタ

上記のカイジ風の絵の漫画をネットで見かけたので調べたところ、
「最強伝説黒沢」という漫画の3巻にでてきました。

漫画の内容は、冴えない中年の土木作業員黒沢が、あることをきっかけにヤンキーの中学生や暴走族と喧嘩を繰り広げ、
だんだんと人生が好転していく過程が描かれていくものになっています。
カイジなどと違いギャンブル要素はないですが、
弱者が戦略を練って強者に勝っていくという点では共通しており、楽しめるものになっています。

しまむらマスターの元ネタ

上記の画像をネットで見かけて、気になって調べてみたところ、
「くまみこ」という漫画の2巻で出てくることがわかりました。

漫画の内容はとある田舎にある熊井村での、巫女さんと言葉を話す熊を中心としたエピソードが展開されるものになっています。
画像のしまむらに詳しい女の子がその巫女さんで、なぜしまむらに詳しいのかは描かれず、
アパレルの神がいきなりトランスしたなどといった突拍子のないことが多い漫画なのかなという印象です。

【FEHプレイ日記】武器限定スペシャルミッション

スペシャルミッションが追加されてます。

剣だけ、槍だけ、斧だけで編成されたパーティでクエストをクリアするわけですが、
まだキャラが育ってないので、結構大変です。

ちなみに、それぞれクリアしようと思っているパーティです。

剣のみ(ルキナのどちらかをオリヴィエに変えるかも)

槍のみ

斧のみ

オーブがもらえるミッションだけは先にクリアできました。
残りについても期間もそんなにないので、早めに育ててクリアしようと思ってます。

ミッション以上に闘技場のボーナスキャラが変わるのがかなりつらいです。

【パワプロアプリ】バトスタの途中経過

バトスタ8が開催中ですね。
僕は今回はボーナス選手がほとんどいなかったので、合計ボーナス13%でやってます。
チャレンジのパワストーンは欲しいですが、300%以上で1勝がバーニングタイムなどが除かれてしまうので、今回は諦めます。
累計報酬の途中経過はこんな感じです。

リアルスピードに慣れると、通常のスタジアムに戻った時に早く振りすぎて三振しちゃいますね。

マザー3をやりました

今更な感じですが、Wii UのVCで出てたマザー3を最後までやりました。
マザー、マザー2は発売して割とすぐにプレイしたのですが、
マザー3だけは評価が賛否両論あり、好きなシリーズだけにプレイするのをためらってました。

やってみた感想としては、面白かったですし、感動もしました。
細かいキャラのセリフが作りこまれてましたし、2章、3章のように1つの出来事を別々のキャラの視点で追っていくのは新鮮に思いました。
また、音楽もとても良かったです。
これまでとは別の方が担当されたようですが、マザーの雰囲気を踏襲しつつ、名曲だと感じるものがたくさんありました。

残念だと感じたところは、12章のものを8章に縮めた影響からか、7つの針とドラゴンの話が急に出てきたり、
ノーウェア島にまつわる歴史をリダが全てテキストで説明したりと、多少ストーリーに無理が感じられたことと、
エンディングも全てテキストで完結してしまっていたことです。
さらにそのエンディングも、最終的にどうなったのか具体的には描かれてなく、
エンディングに入る前のクライマックスで、リュカとクラウスの戦闘のシーンがものすごく感動的だっただけに、きちんと締めて欲しかったと感じました。

マザーについては続編は今のところ予定がないそうですが、
これで終わってしまうのは少し寂しいかなという気がします。

【FEHプレイ日記】経験値1.5倍キャンペーン

経験値1.5倍きましたね。
レベル上げが結構大変なのでありがたいキャンペーンです。

新しいガチャをエイリーク狙いで10回ぐらい回したのですが、セリス、ロイ星5(ダブリ)、カミラ星5が出ました。
今ボックスはこんな感じです。

セリスも少しだけ育ててます。

ストーリーも外伝も消化してしまったので、当面は修練の塔でレベル上げ&素材集めです。
消化しきれないぐらいイベントがガンガン来てほしいところです。